メディカルサポート訪問事業

  • HOME »
  • メディカルサポート訪問事業

●目的:

①選手が3年間、野球生活をやり遂げることができる身体作りに協力 する。

②競技力向上より、健康の原点である怪我をしない身体を目指す。

③選手が身体のことを学ぶ教育の一環とする。最終的には選手個人で、チーム内で自分達の身体をケアできるようになることを目指す。

④高校と地域医療とのネットワークの構築。

 

 

 

 

 

 

 

●内容:

①選手の体力測定(筋力、柔軟性)

②選手個人に合わせた体力向上プログラム

③ストレッチ指導

④テーピング指導

⑤筋力トレーニング指導

⑥身体についての基礎知識の学習

⑦専門医・相談医の紹介

⑧選手の健康相談(悩み相談)

⑨その他

※具体的内容については高校と相談

 

●メディカルサポート訪問事業開始までの流れ:

全高野連加盟校に対してメディカルサポート訪問事業による理学療法士派遣の希望の有無を調査

希望校の中からメディカルサポート訪問事業対象高校選出

県高野連から高校へ連絡

高校側の確認が得られたら、メディカルサポート訪問事業対象高校として決定

派遣理学療法士が監督・部長と内容について話し合う

選手への説明会

メディカルサポート訪問事業開始

 

● 訪問頻度:

対象高校の希望に応じて行う

 

● 派遣人員:

1校対し2名派遣

 

● 期間:

活動期間は1年とし、その後の継続の有無は学校側と相談の上決定する

 

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
  • facebook